悪玉コレステロールの多さは様々な病気を引き起こす?

haanayamu

労働人口が増え、健康に対する人々意識が高まりを見せるなか、コレステロールや中性脂肪に気を使う人が増加しています。それはどちらも生活習慣病をはじめ、様々な病気を引き起こす元凶だからにほかなりません。もともと体内にある脂質の一種ですが、中性脂肪というのは摂取した糖やたんぱく質、余分な脂質などが皮下組織や肝臓に蓄えられてできます。これに対しコレステロールというのは、細胞膜の成分で、体の構造を成している脂質にあたります。また胆汁酸やビタミンD、筋肉を作るホルモンの現在量になり、生命活動の要ともいえます。

体内にあるコレステロールの7割程度は、外側からではなく体内で合成されています。血液中に皆が持つもので、健康な人の場合は摂り過ぎると合成を減らして肝臓にため込むことにより、一定に保持しています。それぞれの性質により善玉コレステロールはHDL、悪玉コレステロールはLDLとして区別され、この大きな違いはまず比重の重さです。悪玉コレステロールが増えると動脈硬化を亢進させてしまうことが広く知られ、これが様々な疾患のもととなるわけです。善玉コレステロールは動脈硬化を防止する役目があります。

悪玉コレステロールは血圧を上げるばかりでなく、血液をドロドロにして血栓を作りやすくすることにも大きく関わっています。そのため健康でいるためには、積極的に減らさなければならないものです。悪玉コレステロールを下げてくれるものは緑黄色野菜や海藻類に含まれる豊富な食物繊維が望ましく、胆汁酸を減らして血中のコレステロール値を下げてくれます。またきのこ類もマッシュルームなどに含まれるエリタデニンという成分も非常に高品質で、是非摂りたい成分のひとつです。よく耳にする不飽和脂肪酸であるオレイン酸は悪玉コレステロールを下げる力が高く、善玉コレステロールを増やすという理想的な性質で、オリーブオイルに多く含有します。昔からよくいわれるイワシやサバなどの青魚も有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>