乳酸菌サプリはインフルエンザ予防効果がある?

choudaizi

乳酸菌サプリは腸内環境を整える作用があることで知られていますが、インフルエンザを予防する効果も期待できます。乳酸菌にはいろいろなタイプのものがあり、R-1乳酸菌と呼ばれる乳酸菌があります。R-1乳酸菌はマウスを使った動物実験で、A型インフルエンザウイルスの感染を予防する効果があることが確認されており、インフルエンザの予防効果があることが学会で報告されています。

乳酸菌はNK細胞と呼ばれる細胞を活性化させる働きがあります。NK細胞とはナチュラルキラー細胞のことで、ナチュラルキラー細胞は、体内に侵入してきたウイルスに対して攻撃を行います。NK細胞が活性化されると、ウイルスに対する攻撃力がアップし、体内に侵入してくるウイルスから体を守ってくれます。NK細胞が活性化されるということは、自己免疫力がアップすることと同じ意味です。

乳酸菌サプリがインフルエンザを予防する効果が期待できる理由は、乳酸菌サプリを摂取することによって、自己免疫力の強化に繋がるためです。自己免疫力が強化されると、体内に侵入してきたウイルスや細菌を死滅させる力が強まるため、病気になりにくい体質になります。日頃から乳酸菌サプリを摂取すると免疫力がアップして、冬になってもインフルエンザに感染することを防いでくれます。

自己免疫力が強化されるとがんの予防にも繋がります。免疫力が低下すると正常な細胞ががん細胞に変異しやすくなり、自己免疫力を高めることによって、正常な細胞ががん細胞に変異することを防ぎます。がん患者の中には、免疫療法によってがんが治った人も大勢おられます。

このように乳酸菌サプリは、自己免疫力を高めてインフルエンザウイルスに感染することを防ぐ効果が期待できますが、免疫力をアップするためには継続して乳酸菌サプリを摂取することが必要になります。毎日欠かさず摂取するには、ネット通販の定期コースに申し込んでおくと、継続して摂取しやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>