太ってないのにコレステロール値が高い人の特徴

コレステロールは数値が高まると動脈硬化や心筋梗塞といった危険な病気の原因になる理由から警戒が必要であり、健康診断を受けて問題が生じていないかを定期的に調べる選択が重要といえます。
コレステロールは中性脂肪との関連性があることから、特に肥満体質の人ほど注意が求められる傾向を持ち、血液の粘度が極端に上昇することで、放置しておくと流れが悪くなったり血栓の生成リスクを高めます。

しかし、健康診断などでコレステロール値が高いといわれる場合において、その全てが肥満体型の人とは限らず、体型が痩せ型の人でもコレステロール値が高く出る状況はありえる点に十分な理解が必要です。
まず、中性脂肪が低く肥満体型でもないのにコレステロール値が高い人の特徴として遺伝的な要因があげられるほか、普段の食生活で動物性脂肪を多く摂取している場合などが該当し、体型を問わず健康診断で総コレステロール値の指摘を受ける可能性が考えられます。

一般的にコレステロールは善玉と悪玉の2種類が存在し、エネルギーを蓄積するメカニズムの都合上、善玉コレステロールの有利な状況を保つことが健康維持には大切とされています。
このように健康診断で総コレステロール値の指摘を受けても全てが危険というわけではなく、遺伝の影響から肝臓で生成される分が多いというパターンもあるため、単純な検査の数値だけで判断しないように注意が求められてきます。

また、総コレステロール値自体が高めであっても善玉の方へバランスが傾いている状況下においては危険性が低く、逆に悪玉の方へ傾いている際は病気の発症リスクを警戒し、できるだけ早期に改善する必要性が生じます。
コレステロールによる身体への負担及び症状が重度の状況では薬物療法が用いられる例もありますが、基本は日常生活の食事と運動に加え、基礎代謝の低下が大きく関連しているため、根本的にこれらを調整することで治療を進めていく流れとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>