shoishoi のすべての投稿

脂質異常症は食生活が大きな原因となっていることが多い?

脂質異常症は名の通り脂質の異常ですから食生活が大きな原因ですが、体の温度にも関係あります。油は、温度が高いとサラサラになるように体温が高ければどろどろがちょとサラサラになるので流れもよくなるということです。流れが良くなると血管の壁につきにくく血液の流れの妨げになるリスクが減るのですが、それ以上に動物性の脂質が上回ると脂質異常になりやすく、歳とともに基礎代謝が悪くなりなかなか改善できません。そこで一番に考えられるのが食事療法です。体は食べ物で作られるのですから食生活を変えることが一番の近道です。飽食の時代といわれずいぶんとなり、バブルがはじけても飲食店ではおいしいものは増えて捨てるし残飯も増えています。

また、糖と脂は実においしいのでついつい食べたくなります。その分歩くとかジムに通うとか運動をすればよいのでしょうが運動が嫌いな人や元気がない人はやる気が出ないのでますます悪循環になります。昔と比べて仕事内容もデスクワークが増え交通手段も便利になっていますから消費エネルギーにくらべて糖と脂をたくさん取っているのです。日本は島国で海藻や魚をよく食べれていました。とても良い食材と世界で認められています。しかし今はやはり肉が食事の要です。季節に合わせた旬のもので山のもの海のものを食べていたのですが、季節感の薄れ幼い時から肉 スイーツを食べてきたので今から肉抜きなど考えられません。そして魚は高価になってきています。養殖も難しく、近海の水は汚染され昔とは環境が変わっているので魚が身近ではなくなっています。刺身など高級で回るお寿司でさえ値上げなので比べてみれば肉を食べることになるのです。このような環境では脂質異常が増えても仕方ありません。

思い切って食生活を変え食事の量も減らし毎日続けて運動をすることを心がけ、3か月試してみると変化があります。しかし、継続することは難しいですからスポーツジムに通うのがお金がかかりますがよいでしょう。

水は飲み過ぎにも注意が必要?水中毒の症状・原因

人の体のおよそ3分の2は水分で構成されており、空気と同じくらい水は生命を維持するのに不可欠な存在です。しかし飲みすぎると水中毒に陥ることがあります。水中毒の症状は、血中のナトリウムイオン濃度が低すぎることで起こり、体内の過剰な水が体温を下げて胃腸機能を低下させたり、疲労感や頭痛、吐き気などが出ます。さらに悪化すれば、性格が変わったり注意力が散漫になって落ち着きがなくなったりすます。最悪の場合、神経伝達ができなくなって痙攣や昏睡状態、呼吸困難による死亡の恐れがあります。水中毒の原因は、体の水分バランスが大きく崩れることです。通常は水分を多めに摂取しても、組織に溜め込まれなかった分は尿として排出されます。しかしあまりにも飲み過ぎると血液を薄めるので、ナトリウム濃度が下がります。ナトリウムは水分バランスを保つ他にも、神経伝達機能や筋肉を動かすなど全身に作用しています。ナトリウム濃度が一定値を下回るほど水を飲むと、様々な症状が現れます。

スポーツなどで大量に汗をかいた後に水をたくさん飲むと水中毒になりやすいです。汗にはナトリウムが含まれるので、運動後は血中ナトリウム濃度が下がっており、水分補給のために摂取した水でさらに血液が薄まります。体重11kgの子供が毎日水を6L飲んだところ、水中毒になったという報告があります。また最近は水を飲むことはデトックスにつながるので、ダイエットに有効と女性を中心に流行っています。しかし喉が渇いていない時に無理やり水を飲むと、塩分や水分のバランスが良い体内に水だけが大量に侵入するので危険です、スポーツによって起こる水中毒で死に至ることはなく、救急搬送され危険な状態に陥るのは無理に水を飲んだケースです。また神経疾患を持っていると、薬の副作用で口が渇いてしまいます。少し水を飲んだくらいでは満足できないので、さらに水を飲まなければならないと考えて、必要以上に飲む傾向があります。

オリゴ糖で腸内環境を改善しよう

健康にとって注目されているキーワードの中に便秘解消に重要とされている腸内フローラがあり、腸内フローラは腸内には数腸の種類の細菌類がそれぞれ良いバランスで存在している巣のようなものです。その腸内フローラにおいて善玉菌が多く悪玉菌が少ないことが良い条件となるのですが、しかし近年のストレスや食生活の乱れが積み重なると善玉菌が減り悪玉菌が増えてしまうことで体臭と口臭そして肌荒れの乱れが起き、その先に行くとアトピーなど免疫機能が落ちるなど体にとって害となるのが多くなります。腸内フローラが乱れている状態になると、真っ先に症状として現れるのが便秘です。

便秘は通常大腸の細菌類の酵素によって形作られ1日に1回から3回出るのが理想なのですが、その1日1回から3回出るはずが1週間以上排泄されなくなることです。それも腸内フローラが乱れることで腸内細菌の善玉菌の出す酵素が影響しなくなり、本来形作られるはずの便が大腸の中で張り付いて残ってしまうことで水分を含ませても排泄されなくなりさらには溜まった老廃物が毒となり体のあらゆる場所に影響することになります。そこで腸内フローラの乱れとして真っ先に現れる便秘を解消する方法として、真っ先に摂取すると良いとされているのがオリゴ糖です。

オリゴ糖は野菜や果物に含まれている天然糖であり、野菜や果物を食べた時の甘みとなるものですが野菜や果物にと手は自身の体を成長させるために精製する成分です。オリゴ糖が便秘解消に役に立つのには、先に言ったとおりに野菜や果物自身が多くなるために精製するものであるためすべての生き物にとっても重要な栄養素でもあります。オリゴ糖を取ると腸内フローラの善玉菌が食べることによって元気を取り戻し数が増えることによって、便秘症状の原因としてある大腸の組織を生まれ変わらせることになります。そして腸内の組織を生まれ変わらせると、便を排出するために必要な酵素を出すことで形作りやすくなりさらには程よい水分を便の中に与えることによって解消につながるのです。

太ってないのにコレステロール値が高い人の特徴

コレステロールは数値が高まると動脈硬化や心筋梗塞といった危険な病気の原因になる理由から警戒が必要であり、健康診断を受けて問題が生じていないかを定期的に調べる選択が重要といえます。
コレステロールは中性脂肪との関連性があることから、特に肥満体質の人ほど注意が求められる傾向を持ち、血液の粘度が極端に上昇することで、放置しておくと流れが悪くなったり血栓の生成リスクを高めます。

しかし、健康診断などでコレステロール値が高いといわれる場合において、その全てが肥満体型の人とは限らず、体型が痩せ型の人でもコレステロール値が高く出る状況はありえる点に十分な理解が必要です。
まず、中性脂肪が低く肥満体型でもないのにコレステロール値が高い人の特徴として遺伝的な要因があげられるほか、普段の食生活で動物性脂肪を多く摂取している場合などが該当し、体型を問わず健康診断で総コレステロール値の指摘を受ける可能性が考えられます。

一般的にコレステロールは善玉と悪玉の2種類が存在し、エネルギーを蓄積するメカニズムの都合上、善玉コレステロールの有利な状況を保つことが健康維持には大切とされています。
このように健康診断で総コレステロール値の指摘を受けても全てが危険というわけではなく、遺伝の影響から肝臓で生成される分が多いというパターンもあるため、単純な検査の数値だけで判断しないように注意が求められてきます。

また、総コレステロール値自体が高めであっても善玉の方へバランスが傾いている状況下においては危険性が低く、逆に悪玉の方へ傾いている際は病気の発症リスクを警戒し、できるだけ早期に改善する必要性が生じます。
コレステロールによる身体への負担及び症状が重度の状況では薬物療法が用いられる例もありますが、基本は日常生活の食事と運動に加え、基礎代謝の低下が大きく関連しているため、根本的にこれらを調整することで治療を進めていく流れとなります。

生理前のイライラを改善するために

生理前になるとなぜかイライラする、あるいは気分が落ち込んでどうしようもないなど、人によって症状は様々ですが、女性の8割の人は生理前になるとイライラや落ち込みの他に、腹痛や頭痛などの体の不調を感じている人がいます。

sureti

なぜ、生理前になるとイライラしたり落ち込むのでしょうか。
それは、ホルモンバランスが崩れているせいです。

女性の体は排卵期を迎えるといつでも受精卵を迎えられるように子宮の内部に内膜を作ります。
しかし、受精卵が現れずに妊娠しなかった場合には子宮内膜は不要となるのでそれをはがして体外に排出するわけですが、その時にホルモンバランスが大きく崩れるために、イライラしたり気分が落ち込んだいるするのです。

人によって程度の差はありますが、仕事にならなかったり体を動かすのも憂鬱という人はいくつかの改善法があります。

まず、あまりにひどい場合には低用量ピルなどの服用をおすすめします。

低用量ピルは本来望まない妊娠をしないための避妊目的のものだと思われていますが、生理前のイライラや、月経困難症、子宮内膜庄や更年期障害など、ホルモンバランスが崩れることによって起こる様々な体の不調を改善する働きをしてくれます。

それ以外に、空腹になると血糖値が下がりイライラが増すことがあるので、あまり空腹状態を作らないようにしましょう。
それでもスナック菓子や甘いものだと急激に血糖値が上がって下がるを繰り返すことでさらにイライラするので小魚やヨーグルト、ホットミルクなどカルシウムの多く含まれる食材がおすすめです。

幸せ物質であるセロトニンを作る原料であるトリプトファンを多く含むバナナ、ナッツ類、白米なども意識して取り入れるようにするのも良いでしょう。

また、タバコやアルコールなどで改善しようと考えがちですが、喫煙や飲酒はイライラを助長させるだけなので控えたほうが良いと言えます。

毎月気持ちが安定しないのは女性特有でありつらいものですが、あまりストレスを溜めすぎず周囲の理解を得ながら乗り切っていけるといいですね。

アロマテラピーで気分を落ち着けてリラックスして過ごすことも良いでしょう。

PMSとPMDDはどう違う?

uwaoi

PMSという言葉は良く耳にするようになりました。生理前の女性に起きる、イライラやわけもなく悲しくなる、便秘や過食、肌荒れ胸のはり、頭痛などの不定愁訴のことをPMSと言い、生理のある女性の80%以上がこれらの症状に悩まされているとも言われています。近頃、PMDDという言葉も聞かれだしましたが、PMSとPMDDは似ているようで少しだけ違う症状なのです。

PMDDは「月経不機嫌性障害」のことで、PMSの症状の中でも精神的なイライラやうつのような症状が重く出ることで、日常生活に支障が出るほど重いもののことを言います。生理のある女性の5%程度の人がこのPMDDの症状があると言われています。PMSは「なんとなく不調だな」という程度の人も多いのですが、PMDDは日常生活もままならないほどの悪化を見せるのが特徴です。

また、時には人を傷つけるような暴言を吐いたり、家族やパートナーなどを暴力的に傷つけてしまう、自分で感情のコントロールができない、というような症状があらわれることもあります。この精神的な不安定さは、生理が始まってから数日後には自然と収まって行きますが、個人によってその終息の時期が変わってきます。

その状態が過ぎると、自然と通常の日常生活に戻ることができます。
PMS、PMDDともに、その症状が発生するメカニズムは解明されていません。生理前になると女性ホルモンの分泌バランスが急激に崩れるため、それが原因だと言われています。治療に関しては、PMSのような低用量ピルを使ったホルモン療法はPMDDには効果がないと言われていて、産婦人科よりも精神科の受診を勧められることが多いと言われています。精神科と言うと怖い気もしますが、セロトニンの減少を行う薬の服薬を1年ほど行うことにより、症状は完治すると言われています。PMDDだと思い込んでいても、実はうつ病や他の精神的な病気のこともあるため、精神科の受診を行いましょう。

PMSの症状改善方法 詳しくはコチラ

健康な赤ちゃんを産むために葉酸サプリは飲んだほうがイイ?

daizina

妊娠をすると母親の体にはさまざまな変化が起こります。はじめての妊娠ですと、自分の体の変化にとまどったり、胎児の成長になにが必要なのか心配になることがありますが、妊娠は病気ではないので、できるかぎり普段通り生活をしたほうがいいということになります。しかしながら、胎児の成長には摂取した栄養素があるので、そこだけは注意して生活をしたほうがいいです。

その一つに葉酸があります。妊娠初期の時期に葉酸が不足してしまうと、胎児の神経をつかさどる部分に先天性異常が起こる可能性があるので、その時期は葉酸が不足しないことを心がけたほうがいいです。といっても葉酸を含む食材を毎日摂取するというのも大変です。そんなときは、葉酸サプリで摂取するという方法が手軽でいいです。錠剤ですので、のみ忘れることもないですし、決められた量を飲むだけなので簡単にとることができるのです。

葉酸サプリは妊娠をしたいという女性にとっても、摂取したほうがいいので、妊娠るを考え出した時期から葉酸サプリを飲む習慣をつけておくほうが、元気な赤ちゃんを産むためには必要です。また胎児だけでなく、女性の体にとっても必要な栄養素といえます。ただ、いくら先天性異常の子供が生まれるのが怖いからといっても葉酸をとりすぎるのも禁物です。とくに妊娠後期に大量に摂取することで、母親の体調が悪くなるケースがあるので、決められた量をとるということと、検診のときに医師に自分の体調を確認しながら飲んでいくということが必要になっています。

さらに葉酸だけでなく、いろいろな栄養素をバランスよくたべていくということが、妊娠期間もそうですが、妊娠する前の女性のからだにとってとても重要ということになります。そういう健康な体で妊娠すれば先天性異常が生まれるという可能性も低くなります。さらには、妊娠を考えているならばなるべく20代か30代で妊娠をするということが、先天性異常の胎児が生まれる可能性を低くすることになります。

高血圧の自覚症状

あまり自覚症状がないものですので、高血圧だと診断されるまで、全くノーマークだったという人も多いでしょう。高血圧になる手前のグレーゾーンの基準はなかなか判断しにくいものです。高血圧になりたくないならば、日ごろから予防しておくことが望ましいのです。高血圧予防には、実際に高血圧の方が血圧を下げる為にやっている対策をそのまま参考にするとよいでしょう。高血圧の改善策は、インターネットの高血圧に関するサイトや、Q&Aのサイトで知ることができます。

また、病院によっては、高血圧にかんする無料の冊子などがおいていあるので、風邪などで受診された時についでにもらうと良いと思います。しかし、実際に高血圧の人と比べて、高血圧でない方が、予防のためにやるというのは、結構難しいことです。それは、これまでの生活習慣そのものを180度変えなければいけないことになる可能性があるからです。

高血圧の原因になるものには、過度の飲酒、喫煙、ストレス、塩分の摂りすぎなどが挙げられます。毎日晩酌したり、長い間喫煙している方、味の濃いものが好きな方は、いきなりその習慣を変えることができるでしょうか。高血圧が長い間続き、その結果心筋梗塞や脳卒中になり、死にいたることはありますが、高血圧そのもので、死ぬことはありません。その意識が、なかなか生活習慣を変えられない問題でもあります。

しかし、確実に生活習慣を変えずに、高血圧を放っておいたら、早死にすることは間違いないでしょう。もしかしたら、脳卒中で倒れて、そのまま寝たきりになってしまうことも考えられます。・・それは時に死よりも辛いことになるかもしれません。

精力アップに役立ってくれる食材の解説

精力アップに有効な食材として、最初に考えられるものには朝鮮人参があり、滋養強壮のために実際に利用されています。朝鮮人参とは、正式にはオタネニンジンと呼ばれる薬用植物であり、有効成分としてサポニンの仲間となるジンセノサイドを含むのが特徴です。サポニンの作用で血行を促進するために、精力アップの力は強くなりますが、マムシドリンクに配合して効果をさらに高めることもあります。

精力アップを助ける食材としては、強い粘り気を有するヤマイモも有名で、有効成分のジオスゲニンの作用が注目されています。ヤマイモのジオスゲニンには、男性ホルモンを活発にさせる作用もあるために、精が付く食べ物として重宝されてきました。日本の伝統食材としては、ヤマイモはウナギと互角になるほどに滋養成分が豊富なことになります。

精力アップに効果的な食材の中で、香辛料の種類で選ぶならば、ニンニクとショウガが代表的です。ニンニクは温性の食材であり、辛味によって発汗を促して、血行も良くする効果もあるのが特徴です。ニンニクの辛味成分のアリシンには、ビタミンB1の吸収を助ける作用があるため、スタミナ増強の効果が極めて高くなります。ショウガについても、温熱や発汗の作用で血液の流れが良くなるため、精力アップのためにも有効です。

日本ではスッポンも精力アップの食材として有名で、古くから利用されてきました。スッポンには多種多彩なアミノ酸が含まれるため、滋養強壮の効果はウナギに負けないくらいに強くなります。スッポンの栄養を手軽に摂取するために、最近ではサプリメントの製品としても出回るようになりました。

精力アップの代名詞とも言える食材には、女王蜂の餌となるローヤルゼリーもあり、様々な目的で愛用されています。ローヤルゼリーには、精力アップのために必要な亜鉛やアミノ酸が多いのが魅力です。女王蜂のエネルギー源となるだけあって、人間が食べれても底知れないパワーを吸収できます。

参考⇒精力剤人気ランキング『最新版』精力剤の正しい選び方

乳酸菌サプリはインフルエンザ予防効果がある?

choudaizi

乳酸菌サプリは腸内環境を整える作用があることで知られていますが、インフルエンザを予防する効果も期待できます。乳酸菌にはいろいろなタイプのものがあり、R-1乳酸菌と呼ばれる乳酸菌があります。R-1乳酸菌はマウスを使った動物実験で、A型インフルエンザウイルスの感染を予防する効果があることが確認されており、インフルエンザの予防効果があることが学会で報告されています。

乳酸菌はNK細胞と呼ばれる細胞を活性化させる働きがあります。NK細胞とはナチュラルキラー細胞のことで、ナチュラルキラー細胞は、体内に侵入してきたウイルスに対して攻撃を行います。NK細胞が活性化されると、ウイルスに対する攻撃力がアップし、体内に侵入してくるウイルスから体を守ってくれます。NK細胞が活性化されるということは、自己免疫力がアップすることと同じ意味です。

乳酸菌サプリがインフルエンザを予防する効果が期待できる理由は、乳酸菌サプリを摂取することによって、自己免疫力の強化に繋がるためです。自己免疫力が強化されると、体内に侵入してきたウイルスや細菌を死滅させる力が強まるため、病気になりにくい体質になります。日頃から乳酸菌サプリを摂取すると免疫力がアップして、冬になってもインフルエンザに感染することを防いでくれます。

自己免疫力が強化されるとがんの予防にも繋がります。免疫力が低下すると正常な細胞ががん細胞に変異しやすくなり、自己免疫力を高めることによって、正常な細胞ががん細胞に変異することを防ぎます。がん患者の中には、免疫療法によってがんが治った人も大勢おられます。

このように乳酸菌サプリは、自己免疫力を高めてインフルエンザウイルスに感染することを防ぐ効果が期待できますが、免疫力をアップするためには継続して乳酸菌サプリを摂取することが必要になります。毎日欠かさず摂取するには、ネット通販の定期コースに申し込んでおくと、継続して摂取しやすくなります。