カテゴリー別アーカイブ: 未分類

医薬品として使われていたシトルリンの話

サプリメントの成分として使われることの多い、シトルリンは、元々は医薬成分でした。

医薬品は、漢方などとは違って繰り返し試験がなされその効果が認められなければ基本的に医薬品として使われませんが、シトルリンはその試験をクリアして使われていたのです。高血圧の治療薬として使われ、その成分が血管を拡張させて血圧を下げてくれます。今ではより効果の高い成分が取って代わるようになり、医薬成分として使われることは少なくなりました。

ただ、現在は医薬成分ではなくサプリの成分として使われています。特に多いのがペニス増大サプリなどです。血管を拡張させる作用がある成分ということで、それがペニスの血行を抑止持続力の維持や、固さ維持に一役買ってくれます。シトルリンを利用した関連サプリメントの数も非常に多く、多くの方がそのシトルリンの力によって、勃起不全やペニス増大などを行っています。

元々は医薬品の成分だった事もあり、その効き目は定評があり、ペニス増大サプリの販売メーカーもこぞって使っている事が多いです。ペニス増大サプリメントを利用するときには、そのようなシトルリンが成分に配合されている商品を使うのも良い方法です。

ちなみに、シトルリンは副作用などが少ない成分としても知られています。ペニス増大サプリを利用したことが何か副作用が出てしまったらどうしようと心配な方にもそれはオススメになります。また、シトルリンの名称の他に「L-シトルリン」も良く使われるようになりました。基本は天然成分なので安心して使えるのも、そのシトルリンの魅力です。

ペニスの大きさにコンプレックスがある方は、シトルリン配合のペニス増大サプリを使って、そのコンプレックスを克服しましょう。人によって効果の程はもちろん変わってきますが、体質にマッチする方なら、数日ほどでその効果を実感できる方も沢山います。すぐにペニス増大サプリの効果を実感したい方にも便利です。

二日酔い対策に亜鉛サプリが良いといわれるわけ

仕事が終わったあとのお酒はストレスを発散させてくれます。また、気の置けない仲間との飲み会は楽しいものです。適度の飲酒は健康にもよいと考えられます。でも、ついつい飲み過ぎて翌朝つらい思いをしている方がおおいのではないでしょうか。
では、二日酔いはなぜ起こるのでしょうか?わたしたちが飲んだお酒は、肝臓で主としてアルコール脱水酵素(ADH)の働きでアセトアルデヒドという毒性のある物質に分解されます。こうしてつくられたアセトアルデヒドは、肝細胞内でアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によって酢酸に分解されます。酢酸は最終的には炭酸ガスと水となって排出されます。

uoei
二日酔いは、大量にお酒を飲んだために、酢酸への代謝が不完全でアセトアルデヒドが残っているために引き起こされるのです。また、日本人はもともとアセトアルデヒド脱水酵素の働きが弱い人が多いと考えられています。アセトアルデヒド脱水素酵素には増加したアセトアルデヒドに働くALDH1と少量のアセトアルデヒドに対しても働くALDH2のふたつがあり、さらにALDH2には活性の強いALDH2*1と活性の弱いALDH2*2があります。日本人のほぼ半分はALDH2*1を持っていないか、活性の弱いALDH2*2しかもっていません。欧米人の多くが活性の強いALDH2*1を持っているのと対照的です。

亜鉛は必須ミネラルとして、人間の体内にある300種類以上もあるさまざまな酵素の働きを活性化させる役割をしており、1日あたりの必要摂取量は10~15mgとされています。肝臓でアルコールを分解している酵素も、亜鉛の力によって活性化されます。また、アルコールによって体外に排出された亜鉛を補うことも大切です。

亜鉛を身体にとりこむことは、牡蠣、ゴマ、チーズといった亜鉛の多い食事をとることによっても可能ですが、亜鉛のサプリメントをとることがもっとも効果的であると考えられます。二日酔い対策をしっかりとって、飲みすぎにも注意して、お酒を楽しく飲みましょう。