PMSとPMDDはどう違う?

uwaoi

PMSという言葉は良く耳にするようになりました。生理前の女性に起きる、イライラやわけもなく悲しくなる、便秘や過食、肌荒れ胸のはり、頭痛などの不定愁訴のことをPMSと言い、生理のある女性の80%以上がこれらの症状に悩まされているとも言われています。近頃、PMDDという言葉も聞かれだしましたが、PMSとPMDDは似ているようで少しだけ違う症状なのです。

PMDDは「月経不機嫌性障害」のことで、PMSの症状の中でも精神的なイライラやうつのような症状が重く出ることで、日常生活に支障が出るほど重いもののことを言います。生理のある女性の5%程度の人がこのPMDDの症状があると言われています。PMSは「なんとなく不調だな」という程度の人も多いのですが、PMDDは日常生活もままならないほどの悪化を見せるのが特徴です。

また、時には人を傷つけるような暴言を吐いたり、家族やパートナーなどを暴力的に傷つけてしまう、自分で感情のコントロールができない、というような症状があらわれることもあります。この精神的な不安定さは、生理が始まってから数日後には自然と収まって行きますが、個人によってその終息の時期が変わってきます。

その状態が過ぎると、自然と通常の日常生活に戻ることができます。
PMS、PMDDともに、その症状が発生するメカニズムは解明されていません。生理前になると女性ホルモンの分泌バランスが急激に崩れるため、それが原因だと言われています。治療に関しては、PMSのような低用量ピルを使ったホルモン療法はPMDDには効果がないと言われていて、産婦人科よりも精神科の受診を勧められることが多いと言われています。精神科と言うと怖い気もしますが、セロトニンの減少を行う薬の服薬を1年ほど行うことにより、症状は完治すると言われています。PMDDだと思い込んでいても、実はうつ病や他の精神的な病気のこともあるため、精神科の受診を行いましょう。

PMSの症状改善方法 詳しくはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>